毒親

自分の感情に気付く、そして捨てるものを決める。

自分と向き合ったら自分の感情にも気が付くことができます。

自分自身と向き合う~まずは紙に気持ちを書き出してみる~自分自身と向き合うというのは、自分は本当は何がしたいのか、周りからどう扱って欲しいのか、今の生活で我慢をしていないかちゃんと自分に聞いて...

自分と向き合って、自分の感情を書き出すことによって本当の気持ちに気付くことができます。

自分の感情って向き合うの、怖いですよね。

わたしはとても怖かった記憶があります。そして、書いているうちに「これは本当に自分の感情なのか?」と訳がわからなくなってしまったこともあります。

ですが、そこをぐっと我慢してとにかく「書く」こと。言語化すること。

感情といっても「嫌だった」「悲しかった」「悔しかった」と言う感情だけを書くのではなくてどういう状況で、どんなことをされたから、どう思ったのか、とその時の状況が分かるように書きます。

  • 妹たちと同じことをしていても自分ばかり怒られるのが嫌だった。
  • お前は可愛くないと言われたことが悲しかった。
  • 産まなければ良かったと言われたことが、悔しくて悲しかった。

そして書き連ねていくと当然ですが、悲しくなったり、悔しい想いがよみがえってきたり、書いていること自体が辛くなることもあります。

でも、ここは耐えてください。

書いていると気が付いたんです「自分ばかり叱られているのはなんで?寂しい」「わたしも無条件に愛してもらいたかった」って。

どんなに毒親でも自分にとっては唯一無二の親なんですよね。

100のうち99が最悪でも、たった1つだけでも優しいことをされたり、嬉しい言葉をかけてもらえた記憶をお守りにして、わたしは親からの愛を求めていたんです。

書き出した感情からどうなりたいかも書いてみる

感情を書き出した時に次にやることは、じゃあ自分はどうなりたいのかも書いてみるといいです。

  • この家を出たい。県外に行きたい。
  • 大学じゃなくてメイクアップの専門学校に行きたい。
  • わたしも妹たちと同じようにテレビが見たい。

色んな想いが出てきても大丈夫です。

自分の気持ちに蓋をしないことが重要です。

「どうせなれっこない。」「自分なんかに出来るわけない。」「たぶん反対されるから無理。」そんな感情が出てきたら「わかったよ。でもわたしは書くの。」と、自分の気持ちと対話して書き続けてください。

あなたに実現できない未来はないのですから。

なんだって出来る。

なんにだってなれる。

今はくすぶっていて「わたしなんて何も出来るわけない」と、思っているかもしれませんが私が変われたのだから絶対にあなたも変われる。

私の友人で奥さんからのDVに苦しんでいる人がいました。奥さんが旦那さんに対してDVをしていたんです。

奥様のことは存じ上げませんが、古くからの友人だったので相談に乗りました。彼にも今まで奥さんからされてきて嫌だったことを含めて感情を書き出してもらいました。

そしてあなたの人生はあなたが決めるんだよ。

「自分の人生はこんなもんだ」と伝えて、自分は今後どうなりたいのかも書いてもらいました。

多分相当苦しかったと思います。

でも、結局はこのままDVを許容していくことはお互いのためにならないし、離れた方がお互いのためだということになって離婚しました。

これまで数年にわたり離婚を切り出していて、離婚届も渡してあったのに奥さんから破り捨てられていたそうです。

でも、自分の感情を書き出したことによって自分の本当の気持ちが明確になり、自分の気持ちを言語化したことで確固たる自信になったんだと思います。

人は自信が付くと相手からみた本気度に差が出ます。これをオーラと呼ぶ人もいますが、その人が纏っている雰囲気がぐっと強くなります。

離婚した彼はまた新しい人生を歩み始めていますが、本当の意味で幸せになってもらいたいと切に願っています。

あなたに変えられない未来はない。

変わるために捨てるべきものを決める

あなたは変わりたいと思っていますか。

そうであるならば、今の生活から何かを捨てない限り変わることは一生ありません。

今までと同じ生活を送るのであれば、何も変わらない。当たり前ですよね。

だけど、何かを変えたらそこから舵を切ることに成功し少しずつ変わる方向へ船は進んでいきます。

捨てるべきものは人によって様々です。

例えば、わたしを例に挙げると真っ先に捨てるものは「家族」でした。

家族を捨てる=音信不通になる、とか家出をするという意味ではありません。

何かを決断する時、何か行動に移す時、実家に暮らしていたのでいつも家族からの横やりが入っていました。

車の免許を取る時(まだ早いんじゃない?)、バイトを決めてきたとき(そんなバイトは辞めろ、とバイト先まで尾行されていました)、就職先を決める時(県内で家から通うところにしなさい)等、わたしがすることは全部、全部、全部親が横やりを入れていました。

10代までは黙って従っていましたが、さすがにこのままでは自分のしたいことも出来ない、わたしはこのまま親の言いなりなのか?とある種の危機感を覚え家を出ることに決めました。

親から離れることが出来るか不安でしたが、やってみるとやれちゃうものなんですよね。今は離れて暮らしているので親との関係も良好です。

キレイになりたい人はあと5kg細くするために、夜中のラーメンや辞めるとか、運動を始めるとか、今の収入では満足していない場合は転職する、とか。

とにかく書いていきましょう。書くと脳がそのキーワードを探し始めるのでびっくりするくらい自分が欲しかった情報を手にすることができます。

もう一度言いますが、今の生活から何かを捨てなければ新しい未来はありません。

そして、一番先に捨てないといけないのは自分に一番影響を及ぼしている人間関係である場合が多いです。