成犬の約8割が歯周病予備軍だった。愛犬の口臭は歯周病を疑って!

いち早く詳細を知りたい!

本文を読まずに愛犬の口臭・歯周病対策を知りたい方はこちらをクリック→(『Dr.WANDEL』

愛犬の歯磨きを怠っていました。「ワンちゃんって虫歯にならない」とか「犬の歯磨きは気休め」などと思っていたら大変なことになりました。

そんなある日、遊びに来ていた友人から言われたんです。

友人
友人
あの・・・ちょっと言いにくいんだけど、ハッピーの口の臭い気が付いてる?

薄々は気が付いていたのですが愛犬の口臭から目を背けていました。

わたしたち人間は毎日歯磨きをしています。ワンちゃんだって大事な家族。大事な家族なのに歯磨きをしてあげていませんでした。

ハッピー
ハッピー
歯磨き嫌いなの。歯ブラシが嫌なの。

うちに限らず多くのワンちゃんたちはこんな状態だと思います。

歯磨きの代わりにガムを食べさせたり、歯磨き玩具で遊んでいるから大丈夫!と楽観的に考えていました。

動物病院に連れて行ったら・・・

先生
先生
これを放置しておくとその周辺の骨が溶けてほっぺに穴が開き、そこから血や膿が出て、ひどい場合は死ぬ場合もあるんですよ!

獣医さんにこっぴどく叱られました。歯周病の恐ろしさを、この時まで知らなかったのです。

老犬で歯磨きの習慣が無いワンちゃんは、ほとんどが歯周病にかかっているそうです。また、成犬の約8割は歯周病予備軍とのこと。初期の段階は痛みもなく気が付かないので、気が付いたら結構マズい状態になっていることも多いそうです。

そして、実は虫歯よりも歯周病の方が恐ろしいことを知りました・・・

歯周病を放っておくと死に至るというのは、歯周ポケットから出た細菌が全身にまわってしまうのだそう。

歯周病から犬を守るため獣医が開発した口内ケア

  • 歯磨きが嫌い
  • 口やマズルを触れれるのが嫌い
  • 飼い主さんがワンちゃんの歯を磨く習慣がない

今も歯磨きをしていないワンちゃんは多いそうです。歯周病は心臓病をはじめ、あらゆる病気の引き金になります。しかし、歯磨きを奨励してもなかなか浸透しない現実。

そこで、獣医さんたちが立ち上がり開発したのが最新の口内ケア(『Dr.WANDEL』)です。

わたしが真っ先に勧められたのは、歯石を取り口内環境を整えること

歯石というのは口内の細菌が影響していて、歯磨きだけでは不十分でも口内環境を整えることで歯石は付きにくくなる、と教えてもらいました。

わたし
わたし
歯磨きが苦手なワンちゃんのための口内ケアがあるって聞いたのですが。
先生
先生
はい。あります!わたしたち獣医師と東京大学などが研究開発した舐めるだけのケア方法です。
わたし
わたし
舐めるだけならどんなワンちゃんでも出来ますね!

獣医さんに教えてもらった、この最新の口内ケア(『Dr.WANDEL』)を試してみたんです。

最初のうちは半信半疑で使っていましたが、気が付いたら歯茎が引き締まった状態に!ずっと悩んでいた魚の腐ったような臭いがなくなりました!!

舐めるだけのケア方法、使い方と使ってみた感じは?

Dr.WANDELの使い方はものすごく簡単♪

  1. 蓋をあけて
  2. ペロッと舐めさせて
  3. おしまい

これだけでOK。準備も要らないし、1分で終わります。慣れてきたら、歯茎にも塗ってあげましょう。そうすることで成分がより密着します。

肝心のお味は・・・とっても美味しいんです!見てくださいこのワンちゃんのお顔✨

そして、ジェル状なので垂れません。だから、ちゃんと歯や歯茎に密着して成分が届いてる!って感じがしました。

粉状やスプレータイプのものも以前使ったことがあったのですが、どうしてもお皿に残ってしまったり、シュッとスプレーしても届いているかどうか分かりませんでした。

お口に触れられるのを嫌がらないワンちゃんだったら、直接塗ることが出来るので余すことなくきっちり使えます。

愛犬を口臭・歯周病から守るためにDr.WANDELをお勧めする理由

理由1)『リライファクター』が入っているから!

『Dr.WANDEL』がなぜワンちゃんの口臭・歯周病に良いかというと、実はリライファクターという成分が口内環境を整えてくれるからなんです。

リライファクターは各医療分野でも応用されていて抗炎症作用、抗酸化作用、創傷治癒作用、免疫調整作用、組織・神経修復作用等口内環境を整えてくれます。

このDr.WANDELはリライファクターが唯一含まれている口内ケアなのです!

リライファクターとは、人の体内に存在する歯髄・臍帯・骨髄・脂肪など間葉系幹細胞と分類される幹細胞を培養し、その培養液から幹細胞を取り出した上で、滅菌処理などを各種施した液体(上澄み液・上清液)のことを指します。

理由2)『乳酸菌』も入っている!

そして、もう一つ口内環境を整える働きをしてくれるのが『乳酸菌』です。口の中には何百種類も細菌がいるといわれていますが、歯垢になったり歯周ポケットに住み着く悪玉菌と、その悪玉菌の増殖を抑える善玉菌(乳酸菌は善玉菌)があります。

善玉菌のような体に良い影響を及ぼす微生物をプロバイオティクスと呼びます。

口の中をプロバイオティクスでいっぱいにすることで、悪玉菌を減らすことができるのです。

歯周病菌対策として活用される善玉菌の代表が乳酸菌です。人の体における研究では、ある種の乳酸菌が歯周病、口臭の原因菌が増殖するのを防ぐという報告もあります。

「Dr.WANDEL」はリライファクターと乳酸菌が含まれていて、口内環境を整えるためには、これ以上ない組み合わせ!

あなたの愛犬は大丈夫??

成犬の約80%は歯周病予備軍といわれています。下のチェック表で3個以上にチェックマークがついた場合、歯周病予備軍の可能性が高いといえます。

☑歯磨きが嫌い
☑歯磨きガムや玩具で済ませている
☑歯磨きを毎日していない
☑顔を近づけると口が臭い
☑ウエットフードを食べている
☑ドライフードや固い食べ物が苦手
☑歯茎が赤く腫れている
☑歯茎から血が出ている
☑10歳以上である
☑最近、鼻水やくしゃみが増えた

☑が3つ以上ついたワンちゃんは、すぐに対策を取った方がいいでしょう。

歯石除去は、歯周ポケットに入り込んだ歯垢も除去するため全身麻酔をかけます。
歯周病によりぐらつきがひどい歯は抜歯をします。頬に穴が開いている場合、縫合(ほうごう)も行います。
歯石を除去した後、歯の表面をきれいに磨き、口腔内を徹底的に洗浄するのが一般的です。この処置の場合、約10万円かかりますさらに、高齢犬の場合は麻酔の際にかなりリスクがあるため、手術を見送る場合もあります。

わたしが愛犬のために試した口内ケアはコチラです→獣医師が開発した最新の舐めるだけの口内ケア

「うちのワンちゃんにもどうかしら?」と思われた方、使ってみてもし「思っていたのと違うな」と、思ったら2回目以降は解約できます。

初回送料無料、手数料無料でお得にお試しいただけるのは先着毎月100名様限定!この機会を逃すと3,000円も損しちゃいますのでお早めに

インスタグラムでみつけたDr.WANDELを使ってみた人の声

友だちに勧めてみた反応は?🐾

可愛い愛犬の口が臭かった時はつい顔を離していました。何とかしてあげたくて獣医さんに相談すると「歯磨きをさせてください」としか言わないので、半分あきらめていました。「Dr.WANDEL」はただ舐めさせるさせるだけの簡単ケア。愛犬に負担がなく、忙しいわたしにも簡単に口のケアができるので、本当にいい商品だと思います!この商品、ワンちゃん仲間にも広めています!(神奈川県 田中愛実さん(29歳)バニラちゃん(9歳))

うちの子は本当に歯磨きがキライ!マズルを触ると噛んでくるので、仕方なく歯磨きガムをあげていましたが、高齢になり歯磨きガムも食べなくなって困っていました。そんな時、動物病院に勤める友人から教えてもらった「Dr.WANDEL」を試したところ、愛犬の口臭が気にならなくなったのです!しかも人間の医療現場で使われている技術を犬用に応用していると聞いて、安心しました。毎日続けていきます。(埼玉県 手塚 真理(31歳)小太郎(15歳))

他の口コミを読みたい方はコチラからどうぞ!

Dr.WANDELを使用した方の91.9%が満足していると答えています!

追記・・・

今、とっても売れているので在庫切れになる前に購入した方が良さそうです!

 

※この公式ページから購入すれば毎月先着100名様限定、初回送料無料+手数料無料の限定価格で購入出来ます↓↓↓

3,000円OFFでお得に試してみる!